ふわっとベルリン

食べるの大好き人間のワーホリ手帖+カミーノ巡礼

カミーノ日記(Porto→Madrid→Berlin)

9月2日

 今日はいよいよこの旅を終えて、ベルリンに帰る日。ここ数日一緒に過ごした人たちにお別れを言う時、思いがけず泣いてしまって自分でもびっくりした。ポルトガルのアパートで日本人6人の家飲み〜朝ごはん美味しかったな。

f:id:yui_maerz12:20190327153334j:plain

ご飯、ハムエッグ、キャベツスープetc

 ベルリンへの飛行機が出るマドリッドまではBlablacar(相乗りサービス)を利用するので、待ち合わせ場所に向かう。

f:id:yui_maerz12:20190327100857j:plain

だいたいどこ見ても可愛い

f:id:yui_maerz12:20190327151649j:plain

このドラゴンフルーツ+Love More よくみた

f:id:yui_maerz12:20190327153534j:plain

なんか可愛い

f:id:yui_maerz12:20190327153847j:plain

何がどうってわけじゃないけど好きな路地裏

 待ち合わせ場所前のカフェへ!結局、知らない土地行って、カフェでお茶してたら幸せだな〜いつも。

f:id:yui_maerz12:20190327152942j:plain

ポルトガル最後のコーヒー

 無事に待ち合わせして車に乗る。若いスペイン人のカップルと、黒人女性と私の4人でのドライブ。不思議って思いながらずーっと外眺めてたらマドリッド着いた。

 飛行機は明日のお昼だからマドリッドで1泊しようと思ってたけど何故かAirBがエラーでまだ宿がない。それはともかく街がやたらと騒がしい。理由は一目瞭然!サッカー!スペイン対ポルトガル戦がここマドリッドのスタジアムであるみたいで街中お祭りモード。どこで見ようかな〜って思いながらとりあえずバーに入ってワインを一杯飲む。サッカー観れるとこきくと、ここで見れるよって言ってくれたので、スタッフの人たちとバーの奥で一緒に観戦。カミーノ途中で買ったスペイン代表のユニフォームも役にたった。スタッフの人たちはファッションが超お洒落で、さすが首都って思った。

 観戦終えるとすっかり夜なので、もう空港で寝ることにした。荷物はあるし、寝袋もあるし、朝になったらラウンジ使えるし!とりあえず空港へ電車で移動して、空港をウロウロ。寝れそうな場所が全然ない...仁川とかシンガポール空港みたいな寝やすそうな椅子希望だったけど仕方ないので人通りが多い場所の、普通の椅子で寝た。

 朝になってラウンジに行くと、期待以上の食べ物、飲み物で幸せ。

f:id:yui_maerz12:20190327160044j:plain

f:id:yui_maerz12:20190327160142j:plain

マドリード空港もお洒落

 無事にベルリン着いて、友達が迎えに来てくれてて、あー帰って来たなって思って私のカミーノ2018年夏は終わり。最高だった、またしたい!
 




 

カミーノ日記(Porto)

9月1日

 今日は一日ポルト観光!予定外に来た街だけど、とっても可愛い街で、ぷらぷら歩くのが楽しい〜

f:id:yui_maerz12:20190326154030j:plain

アズレージョ(タイル)の教会

f:id:yui_maerz12:20190326153811j:plain

アートがたくさん!

f:id:yui_maerz12:20190326145733j:plain

YES

 そして市場へ。いい意味で古くて凄く良い。焼き魚の匂いがぷんぷんする。美味しそうなものが所狭しと並んでて気になる〜

f:id:yui_maerz12:20190325141026j:plain

チーズ!チーズ、チーズ!!!

f:id:yui_maerz12:20190325131411j:plain

めちゃくしゃ美味しかったたこ🐙

 街の中心にある教会に行ったり、世界で一番美しいらしいハリーポッターのモデルになった本屋さんに行ったり。

f:id:yui_maerz12:20190326154818j:plain

f:id:yui_maerz12:20190326155406j:plain

今までで一番くらい可愛い教会

f:id:yui_maerz12:20190326154412j:plain

すっごく綺麗だけどとにかく人が多い

 あっついのでアイスでも食べようと入ったアイス屋さんが、とにかく可愛くて美味しくて店長らしき人がダンディで良い店だった!!!絶対また行く!

f:id:yui_maerz12:20190325145639j:plain

アイスのアートワーク超可愛い

f:id:yui_maerz12:20190326160206j:plain

なんの味か忘れた...けど変わっててとても美味しかった

 それと、歩いてて見つけた石鹸屋さんが本当に本当に可愛すぎて、2階のパッケージの展示も可愛すぎて疲れるくらい興奮した。かミーノ精神(買い物するきおきない。重いものは特に)だったから買わなかったのが本当に悔やまれる...日本でも買えるみたいだけど、折角だから次回の楽しみにとっておこうっと。

f:id:yui_maerz12:20190326155051j:plain

f:id:yui_maerz12:20190326160417j:plain

 川の方を見ると、何かがビュンビュン飛んでいて、調べると、明日開催のRedBullのエアレースのリハーサルらしい。楽しい。

f:id:yui_maerz12:20190326162212j:plain

街の中心部にあったいい感じのホステルの看板

 夜は私の友達も合流してご飯を食べて、夜景を見に橋に登る。橋までの道も可愛いお店があったりで楽しかったけど、登って見る夕陽が沈み夜になっていくポルトの夜景は本当に素敵!今まで旅行で行った街で一番好きかもしれない...という気持ちが確信に変わった瞬間!ポルト、大好きー!

f:id:yui_maerz12:20190326162439j:plain

本当に綺麗なポルトの夜景

 その後は、映画"Porto"のロケ地になったカフェでお茶して、部屋でたくさんお酒飲んで、就寝。

f:id:yui_maerz12:20190327093813p:plain



 




 



 

カミーノ日記(Fisterra→Santiago de Compostela→Porto)

 8月31日

 宿の目の前のバスに乗ってサンティアゴへ戻る。バスターミナルでチケット買って、大学生Tと、日本人男性Dさんおすすめの店へランチへ。

 めちゃくちゃ美味しい!!!ペレグリーノメニューだから安いし。入り口狭いから入れなさそうでも中広いからそんなに待たないので本当におすすめの店。

f:id:yui_maerz12:20190325092530j:plain

巡礼者御用達の食堂

f:id:yui_maerz12:20190325095457j:plain

パリパリチキン

 なんとなく大聖堂前の広場に行くと、会いたかった二人が...!!!やっぱり会いたい人には会えるな〜一緒にゴールして、数日後同じ場所でまた会って、再会を誓ってお別れ。

 なんだかんだ最後まで一緒だった大学生Tとお別れして、一人でポルトガルポルト行きのバスに乗る。予定より早くゴールしてしまってまだ時間があるので、ポルトに寄り道してベルリンに帰ることにした。昨日一緒だった人たちがAirB&Bに泊まるみたいなので私もそこにお邪魔する。

f:id:yui_maerz12:20190325105533j:plain

カフェでサッカー見ながら待つ

  無事に再会して、素敵なAirB&Bで就寝。

カミーノ36日目(Hospital→Fisterra 23km)

8月30日

 お腹がペコペコなので、宿のレストランで朝食を食べようと行くと、日本人大学生Tがいた!また会えて嬉しい。昨日長く歩いたかいがあった。彼の話によると、さっきまでもう一人日本人(初めて会う)がいたそうだ。こんな場所に3人日本人がいるなんて。

 Tと歩き出すと、分かれ道があった。彼もフィステーラにだけ行くことにしたそうなので、一緒に左へ。

f:id:yui_maerz12:20180413182424j:plain

ムシアはまたいつか

 今日は雨こそ降らないものの、霧で、なんだか不思議な気分。あの世へ繋がってるみたいだねって話しながら歩く。

f:id:yui_maerz12:20180413182926j:plain

f:id:yui_maerz12:20180413183107j:plain

To the End

 しばらく歩くと海が見えた!巡礼中初めての海。道を下って行くと港街Ceeがあり、ここでお昼ご飯休憩をとることにした。美味しそうな店ないかな〜とgooglemapを見ると、すぐ近くに良さそうなお店を見つけたので向かう。

 店はまだ準備中だったけど、お店を開けてくれた。メニューは色々あったけど、イカとタコのサンドを一つづつ注文してシェアすることにした。

f:id:yui_maerz12:20180413184109j:plain

イカサンド美味しい〜

f:id:yui_maerz12:20180413184210j:plain

タコサンド美味しい〜

f:id:yui_maerz12:20180413184303j:plain

タコぎっしり!

 結果、めちゃくちゃ美味しかった!!!ただ、ぎっしり具が入ってるので、一人で一種類食べると、しばらくいいやってなりそう。シェアしたおかげで嫌いにならずに済んで良かった。テレビではトマティーナを放送していたので、3日前に一緒にAirB&Bに泊まってそのままバレンシアに行った、世界一周中のNと、カミーノの最初の一週間一緒だったカルロスを探す。

f:id:yui_maerz12:20180413185035j:plain

一度は行ってみたいトマト祭り

 Ceeは素敵な港町なのでちょっとぷらぷら。

f:id:yui_maerz12:20180413184727j:plain

甘いパン買ったり

f:id:yui_maerz12:20180413185635j:plain

教会に入ったり...はしてないな。信仰心薄れ気味。

 

f:id:yui_maerz12:20180413185804j:plain

可愛い広告をみたり

f:id:yui_maerz12:20180413201450j:plain

可愛いモザイクを見たり

 12時過ぎにCeeの町を出発。海沿いを歩くと思いきや、意外と山道を進む。2時間ほど歩くと再び海が見えてきて、フィステーラの町も見えた!

f:id:yui_maerz12:20180417002208j:plain

天気は悪いけど、やっと見えたフィニステーラ

 そこからはずっと海を見ながら歩く。フィニステーラに着いてムニンシパルに向かって歩いていると1台の車が止まり、中からは知った顔が降りてきた。何度か別々に会っている日本人5名はがタクシーで一緒に来たみたい。夜ご飯の約束をしてお別れ(ムニンシパルは徒歩の人優先)。

 シャワー洗濯等済ませた後街をぷらぷら。思ったより大きな港町。スーパーで生ハム(安くて美味しかったー)やワインを買って彼らのアルベルゲに行く。そこにはサラダにピメントの塩焼き、煮込みにそうめんまであって、最果ての地で日本人7人でわいわい食事と会話を楽しむ。

 夕暮れに最果ての地へ向かう。意外と街からは遠いし(2km)、風も強い。

 ずーっと西へ西へと歩いたカミーノ。なので海に沈む夕陽は初めてで、感慨深い。

f:id:yui_maerz12:20190325090827j:plain

大西洋に沈む夕陽

 長いようであっという間で、毎日楽しくて時々辛かったカミーノも今日で終わり!

f:id:yui_maerz12:20190325085805j:plain

0.00km

f:id:yui_maerz12:20190325091442j:plain

一件だけあるお洒落カフェ

 また来た道を歩いて帰って、マドリッドで偶然会ってお酒飲んでる女友達×3と電話で話して、就寝。

 

ムニンシパル 5€くらい 立地◯ 夜にキッチン閉まって朝開かない 門限なし シャワー排水悪い




   









カミーノ35日目(Negreira→Hospital 35km)

8月29日

 曇り時々雨の中、上がり道をひたすらに進む。人にも会わないので黙々と歩く。雨の中見つけた屋根がある場所に腰掛けて、おにぎりを食べる。高台にあって景色を見るための場所の様なので、晴れていたら素敵な景色に違いない。まあ、雨でも晴れでも、おにぎりは美味しいし(しかも海苔つき)、山の上だと更に美味しくて元気が出た。

f:id:yui_maerz12:20180413165356j:plain

 なんにも無い道をひたすらに歩いて15時をすぎた頃、突然おしゃれなカフェがあったので勿論入る。

f:id:yui_maerz12:20180413165252j:plain

落ち着くー

f:id:yui_maerz12:20180413165500j:plain

雨の日のコーヒーは一段と美味しい

 Lagoっていう小さな村の"CASA XALLEIRO"ってカフェでした。今日歩いてきた景色から信じられない、今どきなカフェでめちゃくちゃリラックス〜

 雨の道をまた歩き出す。一時間くらい歩いて雨宿り。隣で雨宿りしていた人がサンドイッチを食べ出して、お腹が空いてるのが伝わったのか、半分くれた。雨の中歩くのは体力いるし、昨日から米だったからサンドイッチ凄く美味しかった。

 ポルトガル人のおじいさんと一緒に歩く。ポルトという街出身の彼は日本人と働いてる様で、ありがとうとオブリガート(ポルトガル語のありがとう)の語源が一緒なこと(諸説あります)を話したりした。一旦別れたけど、彼が仲間とバーで一杯やってるところに通りかかると誘われたので、一杯ご馳走になる。

 そのままここに泊まるという彼らに別れを告げて歩き出す。ビールが回ってしまってほろ酔いで道を歩いていると男性二人が逆方向に歩いてきて、ちょっと嫌な予感。聞くと、この先の宿は埋まっているので、自分たちはちょっと道から外れたところに行くとのこと。私はとりあえず宿に行き泊まりたいと伝えると、やっぱりベッドはないけど、宿を探して電話で予約してくれた。その宿も最後の一名だったみたいで、ラッキー。ただ、その宿は4km先なのでちょっと辛い。

 18時も過ぎていよいよ誰も歩いていない霧の道を歩く。すぐ近くに風力発電があって、ポツンとしたところにある美味しそうなレストランを通った。

 宿に着いて受付を済ませると、ここは受付とレストランで、泊まるところは別にあるらしく、車で5分ほどのところに宿に送ってくれた。入れ替わりで、レストランへ行く人が乗ってきた。シャワー洗濯を済ませると、レストランへ歩いて行く気力も無く、キッチンはあるものの自炊はできないタイプだったので、持っているものを食べた。フルーツ、ツナマヨ、ナッツとココア。

 昨日から考えてたけど、目的地をムシア→フィニステーラから、ムシアは行かずにフィニステーラだけに変えた。東から西に歩いてきたからそのまままっすぐ行きたいし、十分歩いたなと思って。

f:id:yui_maerz12:20180413174214j:plain

明日は分かれ道

 今日は雨の中たくさん歩いたな。

 

O Castelino 12€ ★ レストランと宿が遠い Wifi無し 朝ごはん高い googlemapで★一つが多いので、夜ご飯も微妙そう 

カミーノ34日目(Santiago de Compostela →Negreira 19km)

 8月28日

 今日は20kmだけだし、名残惜しいし、ゆっくり目に出発。Yとジョセフが部屋に来たのでベンも一緒に記念撮影して、ベンとお別れ。道を歩いていると世界一周中の台湾人と再会したのでちょっと話す。日本人Dさんたちがサンティアゴに到着し、大聖堂に並んでいるそうなので会いに行く。Dさんと、日本人女性Sさんと再会してほっこり。彼らはフィニステーラに行くそうなのでまた会えるかな?

 大聖堂から、フィニステーラへ続く道へ行く。フィニステーラに行く私と日本人大学生T、ここサンティアゴで旅を終えて韓国へ帰るY、明日フィニステーラに向かうジョセフ。なのでYとジョセフとはここでお別れ。たった1ヶ月だけど、思い出がいっぱいで、離れるのが本当に辛い。前日に彼女から日本語で手紙を貰った時に大号泣したけど、やっぱりまた涙が出て来て止まらない。一緒にいると楽しくて、本当に尊敬できる大好きな人。私が泣きじゃくるので、ジョセフも心なしか、涙を浮かべているように見えた。Yがいなければジョセフとたくさん話すことも今一緒にいることもなかっただろうな。彼はとっつきやすいタイプではないけど、だんだん心が近づいていった気がする。優しくていい人。さようなら。 

 歩き出す。もう12時だからゆっくりはしてられない。

f:id:yui_maerz12:20180413042626j:plain

意味は分からないけどなんか可愛い

f:id:yui_maerz12:20180413043348j:plain

フィニステーラまで88km

 日本人大学生Tは先に行くそう。一ヶ月近く一緒にいて、何十回もまたねって言ってきたけど、もしかしたら会うのはこれで最後かもしれないねって記念に写真を撮ってお別れ。

f:id:yui_maerz12:20180413043941j:plain

ブエンカミーノ!

 いよいよ一人になって歩く。サンティアゴまでの道、特にサリア以降の道に比べると人が本当に少なくて、雰囲気も違う。なんとなく、愛媛県八幡浜から佐田岬へ(日本で一番長い半島)をドライブした道を思い出した。地の果てへの道繋がりかな。そういえば、フィニステーラに行って帰って来た人が、犬が野生的で恐いって言ってたけど本当かなあ。

f:id:yui_maerz12:20180413143408j:plain

私たちは歩き続ける

 一人で歩くからこそ目に入るものもあって、道端に一輪だけ咲く綺麗な花を見つけて、ちょっと観察。見れば見るほど作りが細かくて美しい。

f:id:yui_maerz12:20180413154216j:plain

名前は何だろう?

 間違った道を歩いていたみたいで、車の運転席からおじさんが叫んで教えてくれた。グラシアス。200mくらい戻って、正しい道を進む。

 イタリア人アンジェロに会った以外は知り合いに会わない。水を分けてくれた明るいおばさまと歩いたり、昨日まで彼氏と歩いていて今日から一人で歩くめちゃくちゃ可愛いドイツ人と歩いたりした。

f:id:yui_maerz12:20180413155059j:plain

川が流れる静かな村を通過

 雷がゴロゴロ。ドイツ人の彼女はめちゃくちゃに怖がって、走って行ってしまった。雷は怖くないけど、雨も降りそうだしもう18時だしで、着いた街の目についた宿に泊まることにした。良くも悪くもない宿だけど、宿泊の手続き中に、バケツをひっくり返したような雨が降って来たので、先まで行かなくて良かった。

 シャワー洗濯を済ませた後、街をぷらぷら。Negreiraという街で、割と大きく、美味しそうな店も沢山あったけど一緒に食べる相手もいないので、自炊しようとスーパーへ。かなり品揃えも良く、買い物楽しいなって思ってたのに、商品を見てみんなで食べた思い出が蘇ってきたのか、大号泣。一人で、自分でもびっくりするくらい泣いた。

 キッチンでお米を炊いて、ツナマヨおにぎりにして食べる。炊きすぎたので明日のお弁当に。パスタだとこうはいかないから、一人で食べるときはやっぱり米だな。食べていたら、日本好きな男性が話しかけてきたけど感傷に浸っていてたのであんまり覚えてない。彼が話しかけていた、妹が東京に住んでいるスペイン人の女の子はアフロヘアで可愛かったので今も覚えている。

 今日はかなり泣いた1日だった。10時ごろ就寝。

 

Albergue Alecrin 12€ ★★





 

 



カミーノ33日目(Santiago de Compostela 0km)

 8月27日

 昨晩は夜遅く寝て、今日は歩く予定はないけど、朝7時過ぎに宿を出る。何故かというと、毎日先着10名の巡礼者には、昼食券が貰えるから!巡礼事務所は8時に開くので、7時半を目指して小走りで街を歩く。一人で歩いてると、酔っ払いが運転する車に絡まれてちょっと怖い思いをした。スペイン人は7時まで飲んでたりするからな。

 巡礼事務所はちょっと分かりにくくて、ちょっと迷ってる間に後から宿を出たAと会い、一緒に事務所に向かう。先に着いてるのは一人だけで、ガッツポーズ!後から友人の韓国人カップルも来て、彼らも昼食券ゲット。

f:id:yui_maerz12:20180413004159j:plain

8時には10人以上の人が来てた

f:id:yui_maerz12:20180413004519j:plain

巡礼証明書と一緒に、昼食券貰う

 そろそろ着く予定の韓国人ナースY達をお迎えに大聖堂前へ。ローマから歩いて来たスペイン人ジョセフが、みんなと離れたところで、到着の喜びを噛み締めていて、それを見てじーんとした。彼は3千キロ近く歩いたんだもんなぁ。

 巡礼事務所に行くY達と別れてAと私はカフェへ。このカフェは雰囲気もケーキも店主も良かったからまた行きたい。(Airas Nunes Cafe)

f:id:yui_maerz12:20180413005553j:plain

手作りチーズケーキ美味しかった

 Aと朝食を食べていると日本人大学生Tも到着。巡礼証明書を手にいれた韓国人ナースY、ジョセフやリトアニア人の男の子と一緒になぜかブラジル人二人組も一緒に来てちょっと面白い。Yに会いにクールな日本人大学生R、ハビーとホセマも来て、お互いをねぎらい合う。彼らは今日最果ての地フィニステーラへ旅たつので、サンティアゴがゴールのYとはお別れのハグ。見てて寂しい〜

f:id:yui_maerz12:20180413010720j:plain

ジョセフの巡礼証明書の歩いた距離は、2,824km!

 私とAはパラドールでの昼食へ。

f:id:yui_maerz12:20180413011117j:plain

勿論、飲み放題のワイン付き

f:id:yui_maerz12:20180413011346j:plain

ひよこ豆と内臓の煮込み

f:id:yui_maerz12:20180413011457j:plain

確かラム肉。美味しかった〜

f:id:yui_maerz12:20180413011623j:plain

ケーキも美味しかった

 初めて会う人と、巡礼手帳を見せ合って自分たちの旅を振り返る。

f:id:yui_maerz12:20180413011758j:plain

こんな可愛いスタンプあったの知らなかった〜

 今日の宿は大聖堂のすぐ近くのAirB&Bをとったのでとっても楽。キッチンもあるしジョセフもいるし自炊したくてスーパーを求めて歩くけど、残念ながら日曜日なので大きなスーパーが開いてなくて断念。アジアンスーパーで韓国のお酒を買って部屋で飲むことにする。最初の方に一緒だった韓国人の女の子とも再会できて嬉しかった〜

 夕方はミサに。並んでいる時に、最初の日からずっと一緒だった中国人+フィンランド人グループと再会。中に入って座ってミサを待っている時、さすがに泣いてしまった。この回はボフタメイロがなくて残念だったけど。 
 今日の宿の話。AirB&Bは、Yとジョセフも泊まると思って5人用をとったけど、彼らは泊まりたいところがあるとのことで、2人分ベッドが余ってしまった。誰か宿を探してる人を探しながら歩いてるとドイツ人ベンがいて、聞くと、ぜひ泊まりたいとのこと。彼は信用できるし、彼も昨日はとても遠いところに泊まったから、大聖堂近くの部屋でとても喜んでくれた。もう一人いないかな〜もうさすがにいないよな〜と思いながら、大聖堂の前でぷらぷらしていると、ふと、日本人っぽい男性と一瞬目が合う。話すとやっぱり日本人で、今夜の宿がないとのことで私たちの部屋に来ることに。結構遅い時間だったから、お互いにとって奇跡!

 彼は世界一周旅行中にカミーノを歩いたそう。サンティアゴに着いた後、予定してなかったフィニステーラに行きたくなり、荷物を置いて、フィニステーラまで80kmの道を途中宿泊せずに、走って行って帰って来た(帰りはバス)という凄い人。しかも夜の道でライトが切れて、時計のライトと頼りに進んだとか、エピソードがとても楽しくて話すのが楽しかった〜写真と野球が趣味の彼の荷物はかなり重く、その荷物でカミーノを歩いたのも凄い。

 部屋でまったりしながら、笑い転げた。今日も楽しい1日でした。

 

AirB&B  116€(5名用) ★★ 立地重視で選んだのでとても便利だった 洗濯機があるかを見落としていた為なくて残念 

 

Yたちが泊まった、修道院ドネーションで、みんなでご飯。ミサで↓が貰える。次回は泊まりたい。確か8月まで。

f:id:yui_maerz12:20180413015315j:plain