ふわっとベルリン

食べるの大好き人間のワーホリ手帖

カミーノ日記3日目(Zubiri→Pamplona 21km)

7月28日

 6時45分出発。朝の空気が気持ちいい。昨日は良く見てなかったけど、町のシンボルの橋が良い感じ。今日の目的地は、ナバラ州の州都Pamplona!大きな街だから、バルがたくさん!それを楽しみにすいすい歩けそう。

f:id:yui_maerz12:20170920235129j:plain

Zubiriはバスク語で「橋の村」の意味。

f:id:yui_maerz12:20170920235408j:plain

今日は平坦な道。

 ほんとにここ?っていう様なススキだらけの道、工場の裏、森の中を歩く。

f:id:yui_maerz12:20170920235300j:plain

 

 森をぬけると、カフェに到着。陽気な韓国人ギャルに話しかけられて、突然二人でセルフィー。カルロスに会ったので一緒にご飯。定番のトルティーヤとカフェコンレチェ。川沿いのカフェは猫と鶏が自由に歩き回ってて、大きな無花果の木があってとてもリラックスできた。一緒の席になったバロセロナ出身の女性に、以前バロセロナで買って食べた無花果をチョコでコーティングしたお菓子の話したら、彼女の大好物らしく、しばらく無花果の話をした。

f:id:yui_maerz12:20170920235735j:plain

スタンプの柄が、写真真ん中の像で可愛かった。

f:id:yui_maerz12:20170921001312j:plain

食べたいけどまだ早いみたい。

 再び歩き始める。リュックに鍋をくくりつけたギリシャ人の男性と話す。ちょっと重いけど、外で料理をして食べるのも美味しいだろうなあ。公園で休憩をとったあと、かなりの登り坂があった。今日は平坦な道だと油断してた分きつかった〜。

f:id:yui_maerz12:20170921001427j:plain

名所でも何でもないお花畑に心が落ち着く。

 Pamplona手前の街に到着。とにかく暑くて、無性にポテトチップスが食べたい気分なので休憩を取ることにする。日差しがとにかく強くて、人が出歩いてなくて、映画の中にいるみたい。

f:id:yui_maerz12:20170921064031j:plain

 ナッツを買って、どこで食べようかな〜って考えてたら、韓国人の女の子が、こっちで食べよーって大声で誘ってくれて、隣に座った。韓国人の子たちはみんな明るくて、親切で、フレンドリー。彼女はお母さんとカミーノ中っていうのもあって、バスも使って行くみたい。ふと、もう会えないかもなって思って、寂しくなる。

f:id:yui_maerz12:20170921064252j:plain

 この休憩の後歩き始めると、もうPamplonaに近くて、町が繋がってる感じ。って思ってからが、とにかく長い。シエスタが始まる町を通りすぎて、団地を通りすぎて、ひたすら歩く。長すぎて思わず久々に会ったペレグリーノに愚痴る。やけになって、トトロの散歩を大声で歌いながら歩くと、丁度いいところで綺麗な石橋があって、ちょっと休憩。その後ちょっとだけ迷ったけど、何とか街に入って、ムニンシパルへ到着!大きくて、Wifiあって、天井が教会そのまんまでテンションがあがる。ベットの下は今日話したギリシャ人男性。隣のベッドは素敵な雰囲気の女性とイケメン男性のペア。

 シャワー、洗濯を済ませて、17時過ぎからバルへ繰り出す。5、6件はしごしたけど、最初の店が一番美味しかったかな。最後の店では、お腹パンパンなのに、食べたくて無理矢理つめ混んで、カルロスと韓国人の女の子Y(カミーノで一番一緒に時間を過ごした大好きな友達)にまだ食べるの?って驚かれた。

f:id:yui_maerz12:20170921072445j:plain

BarGauchoにて。とにかく全て美味しかった。ピンチョス並べてあって注文もしやすかった。

f:id:yui_maerz12:20170921072518j:plain

La Urbanaにて。この日ピンチョスが€1だった。クラブみたいなカジュアルバー。

f:id:yui_maerz12:20170921073704j:plain

ムール貝のファーストフード店みたいな感じ。みんなパタタスブラバスも食べてた。

 

f:id:yui_maerz12:20170921074022j:plain

床に捨てるタイプのお店は楽しくて好き。

 どんなに楽しくても、門限があるのがアルベルゲ宿泊のルールなので戻り、庭でちょっとおしゃべり。中国人カップル、中国人女性とフィンランド人男性の夫婦と話す。彼らは、何とカミーノで出会って結婚したんだって!素敵。彼女はフランス、シンガポール留学経験もあって語学が堪能で、今はフィンランドで旅行の仕事をしてるとの事で、物知りだし、いつ見かけてもさくさく歩いてる(凄く細いのに!)。眠たくなってきたところで就寝。


ムニンシパル 8€ ★★★ wifi有り 立地がいい キッチン広い 庭あり 

 



 




カミーノ日記2日目(Roncesvalles→Zubiri 21km)

7月27日

 6時45分出発。ぐっすり寝て、体調復活。しばらく森の中を歩く。平坦だし、気持ちがいい。森を抜けたところにあるカフェで朝食。ドイツ人親子と会う。

 

f:id:yui_maerz12:20170920071950j:plain

f:id:yui_maerz12:20170920072116j:plain

 生ハムサンドとカフェコンレチェを注文。生ハムはもちろん美味しいけど、何か別のトロッとしたものも美味しい。開いてみるとピーマンみたいな...でも苦くなくて、ピクルスみたいに酸っぱくもなくて美味しい。あとから調べて、バスク地方名物のピメントだと知った。

f:id:yui_maerz12:20170920072005j:plain

生ハムピメントサンド!

 小さなスーパーでフランスパン等買い物。知らない土地のスーパーはワクワクする。

f:id:yui_maerz12:20170920073248j:plain

レジの周りにフランスパンがたくさん。

 

 

f:id:yui_maerz12:20170920073416j:plain

多分この地方限定?の飴。普通に美味しかった。


 歩いてるとたくさんのバスク文字、バスク様式の家があって可愛い。Saint-Jean-Pied-Portと見た目一緒だけど、ちょっと違う様な...何が違うかは分からない。

f:id:yui_maerz12:20170920073816j:plain

Saint-Jeanは窓が赤が多くて、ここは緑と茶が多い様な...気がしたけど自信はない。

f:id:yui_maerz12:20170920073959j:plain

石に彫っても可愛いバスク文字。

f:id:yui_maerz12:20170920074107j:plain

Aが一番可愛いけど、Rも結構可愛い。

f:id:yui_maerz12:20170920074333j:plain

ここにしなくても...と思いながら橋を渡る。

f:id:yui_maerz12:20170920074633j:plain

たくさんの牛と一緒に歩く。


 目があった中国人カップルとちょっと話す。

 素敵な川でみんな休憩してたので、私も休憩。さっき買ったパンとレバーパテを食べる。持ってきたナイフ、スプーンが早速役に立って嬉しい。

f:id:yui_maerz12:20170920204234j:plain

f:id:yui_maerz12:20170920204825j:plain

 カフェで naranja(オレンジジュース)を飲む。どこにでもあって美味しいのでたまに飲んでたけど、本当はシーズンじゃないらしい。カフェで、昨日水をくれたベルギー人男性と会って、話した。彼はNikonの大きなカメラでいつも写真を撮っている。

 てくてく歩いてると、みんなが通り過ぎる、小さな川の前で一人座ってサンドイッチを作ってる男性がいた。「食べる?」と聞かれたので、お言葉に甘えて、隣に座った。座ってみると、なんでここに座っているのか分かる綺麗な景色だった。サンドイッチはトマトとチーズ、ハムで美味しい。彼は漫画好きなベルギー人で母国語はドイツ語との事なので、ちょっとドイツ語交えて話しをする。食べ終わって一緒に歩き始める。漫画や食べ物の話をしながらしばらく歩いてたけど、日陰が無い登り道に差し掛かったので、先に行ってもらう。5分ほど登ると彼が戻ってきて、道が無いから戻ろうと言う。まさか2日目で迷うなんで...しかも炎天下の、登り坂だったのでショック。15分ほど、どこで道を間違えたか話しながらきた道を戻っていると、地元のおばあさんが、こっちだよと道を教えてくれて、なんとか合流。一息つこうとしたら、ベルギー人の彼は先に行ってしまい、ちょっと寂しい。

 正午を超えてどんどん暑くなってきて、手持ちの水が無くなって、めちゃくちゃ息があがる。ゼーゼー言いながら登っていると、目の前を歩いてた男性が、「Are you OK ?」と聞いてきた。全然OKじゃなかったので、正直に、お願いして水をもらう。彼はバロセロナで教師をしているスペイン人カルロスで、一緒に歩いてたのはキュートなイタリア人パウロ。3人でたくさん話をしながら歩く。スペイン語とイタリア語はとても似ていて、お互い大体分かることを初めて知った。イタリア語の語尾にsをつけて話せばなんとかなるって言ってた(Grazie→Graciasみたいな感じかな)。

 彼が、「水飲もうかな〜あ、あげたからもう無いんだった」って言って、笑って歩いてたけど、どんどん暑くなってきて、笑えなくなってきた。もう限界って時にカフェが見えて、Eden だ!って言いながらみんなで水を飲んだ。

f:id:yui_maerz12:20170920214512j:plain

天国かと思った。

   カルロス、パウロと午前中に歩いてたらしい韓国人のヨハンも来て更にまったり。なかなか立ち上がれない。残り4kmが遠いなあ。なんとか気持ちを奮い立たせて、4人で歩く。とにかく暑かったから、Zubiriに到着したときはみんなでハイタッチ。

  今日のアルベルゲはキッチンがあるので、イタリア人パウロがパスタを作ってくれることに。韓国人の女の子2人も合流して、みんなで買い物して、バーでちょっとつまんで、トマトパスタ作って、庭で食べた。同じアルベルゲの人みんなと適当に座って適当にワインを飲んで話した。イスラエルの女の子2人が、韓国人に、北朝鮮のことを聞いてた。「いっっつも政治について聞かれるから、たまには聞きたいんだけど!」って言ってたのが印象的。

f:id:yui_maerz12:20170920232412j:plain

この日覚えたスペイン語。Patatas Bravasパタタスブラバス(ポテト料理の名前)!


ムニンシパル 8€ ★★ シャワー、ベッドは微妙だけどキッチンと庭がある。  










カミーノ日記1日目(Saint-Jean-Pied-Port→Roncesvalles 27km)

7月26日

 6時半から朝ごはん。素敵な宿で、素敵な人たちと食べる朝ごはんはやっぱり美味しい。食べたらいよいよ今日からカミーノスタート!フランス人の道は初日が一番きつい、ピレネー山脈越え。ちょっと不安なので、同じ宿の人が出発するのを見計らって、一緒に行く。

 宿の前のメインストリートを西にまっすぐ歩いてく。1日過ごしただけだけど、素敵な街だったなぁ。

f:id:yui_maerz12:20170920050157j:plain

またね。

 

f:id:yui_maerz12:20170920050312j:plain

この先何百個と見るカミーノサインを初めて発見。


 いきなり凄い上り坂できつい。この先ずっとこれかと思って無理かもと一瞬思う。一緒の宿に泊まってたスペイン人の彼が私にペースを合わせて登ってくれる。急な坂道が終わって緩い坂になると、景色が綺麗で(トウモロコシ畑とか)歩くのが気持ち良くなって来た。歩いて、きつくて、止まって水飲んで、景色が綺麗だと思うのの繰り返し。カミーノは〝毎日死んで毎日生き返る旅〟って聞いたけど、毎日というか10mごとに死んで生き返る気がする。まだ5kmくらいしか歩いてないのに水が無くなって、ベルギー人の男性が水をくれた。

 Orissonの山小屋に着いたらお腹がペコペコだったので昼食。出し忘れてたポストカードを山小屋内のポストに投函。隣の席のバスクの帽子を被ったお爺さんとちょっと話す。

f:id:yui_maerz12:20170920052213j:plain

f:id:yui_maerz12:20170920051825j:plain

トルティーヤ、ハムサンド、かフェコンレチェ€11

 ペースを合わせてくれるスペイン人の彼に申し訳無いので別れを告げて、一人で歩く。どんどん視界が広くなっていって、ピレネーの雄大な景色にたくさんの馬、羊、牛がいた。

 動物がたくさんいると糞もたくさんあって、最初は全部避けてたけど、段々、新しいやつじゃなければいいやという気になる。

 色んな人と話しては別れ、話しては別れ...一度しか会わなかった人もいれば、何度も何度も会う人もいた。同じ宿だったベルギー人の少年と祖父には何度も何度もあって、少年は特に話しはしないけど、会うたびにコーラ、シリアルバー、ドライフルーツ等を無言でくれた。天使の様な少年に感謝しながら、軽量化ばかり考えて、人にあげれる様なものを持ってない自分を省みた。私はいつも、人にあげるよりもらう方が多い気がする。いつもすごく性格の良い人に囲まれているので甘えてしまうけど、もっと人の為にできることを考える。

 自然もいいけど、カフェが見えると自然と心が弾む。先ほど買ったハムサンドを頬張る。塩分を欲してたのもあって、めちゃくちゃ美味しかった。

f:id:yui_maerz12:20170920054347j:plain

フランス側最後のカフェ

f:id:yui_maerz12:20170920054429j:plain

日本語もあった!

f:id:yui_maerz12:20170920054441j:plain

中に生ハムがぎっしり。

 ずーっと歩いてると、人の姿が見えなくなって前後1kmは人が居ないなって時がある。ちょっとだけ、道間違えた?って思いながらも進む。その時間が長く続いて、世界に、自分と馬、羊、鳥しかいない様な気がしてくる。その時に、突然、全部自分で決めていいんだと分かった。全てのものごとには、正しい、美しい側面があって、何が正しいのか、何が美しいのかは全部自分で決めれるんだなって納得した。その後人と合流して一安心。

 

f:id:yui_maerz12:20170920060531j:plain

色んな景色が楽しめたピレネー山脈越え

 16時前にRoncesvallesに到着!思わず隣のアイルランド人女性と肩を組んで写真を撮る(1分前に会った)。

 巡礼宿は大きくて綺麗(€12)。ベッドは200以上あって、シャワーもたくさんある。お湯を体に浴びた瞬間、Ahhhhhhhhって声が隣からして、共感した。上のベッドのイタリア人男性(ベルリンに住んでたことあり。ベッドの上下代わってくれたいい人)に洗濯場の場所を聞くと、彼も知らない、一緒に探しに行こう!となった。地下にあった洗濯場は広くてお湯の出も良くて◎機械で絞るサービスもあった。

 洗濯が終わると、疲労が一気にきて、ベッドで睡眠。体が寒くて仕方無い...20時くらいに起きて、夜ご飯の予約をしてないことに気づいたけど既に遅かった(18時まで)。向かいのベッドの父娘がドイツ語なのに気づいて、話しかけた。優しいお父さんと、超美人な娘さん。私とお父さんの靴下が一緒だったりでなんとなく仲良くなった。二人は宿の夕食に行き、私は寝ようと思ったけど寒くて寝れないので、外にご飯を食べに行く。

f:id:yui_maerz12:20170920062707j:plain

Casa Sabina にて。チキンプレートとワイン€10

 チキンは皮が無いし(スペインのチキンは皮無しの方が多い)、食べた後にここは鱒と生ハムの料理が有名だと気づくし(このレストランにもあった)、一人だしでちょっと悲しい夜ご飯。朝一緒にスタートしたスペイン人が話しかけてくれて、明日一緒に朝ごはん食べてスタートしようと言ってくれた。

 宿に戻って明日の朝ごはんのことを聞いたら売り切れ〜ついてない。明日は彼より早く出ることに決めて就寝。

 ※巡礼宿の夕食にも鱒出たみたい。次回こそ!


ムニンシパル 12€ ★★★ タオルケット等借りれないので注意。

 

カミーノ日記(Saint-Jean-Pied-Port)

7月25日

 今日は一日Saint-Jean-Pied-Portでゆっくり。宿で朝食をとった後、ポストカードを購入して、カフェで手紙を書く。

f:id:yui_maerz12:20170920024257j:plain

珍しい、バスク文字のポストカード。

 

 

f:id:yui_maerz12:20170920024508j:plain

Hotel Itzalpea のカフェ。ミルクたっぷりで嬉しい。

 

 街をぷらぷら。思ったより大きな街で、色々買いたい欲求との戦い。バスク文字の看板がたくさんあって、一人で大興奮。

f:id:yui_maerz12:20170920024849j:plain

美食でも有名なバスク地方。食材も美味しそう。

f:id:yui_maerz12:20170920025045j:plain

可愛い靴と可愛い看板。

f:id:yui_maerz12:20170920025101j:plain

可愛い看板No1。

f:id:yui_maerz12:20170920025114j:plain

フランス語orバスク語どっち?

 

 お昼は通りがかりに目についたお店へ。イカのサラダとシードル。めちゃくちゃ美味しかったー!!!

f:id:yui_maerz12:20170920030104j:plain

人生No1サラダ。これを食べにまたこの街に行くと思う。

 おじさんオススメの宿へ行く。みんなで食べる夜ご飯込みで€30。wifiは無し。

f:id:yui_maerz12:20170920030406j:plain

宿と人の雰囲気すごくいい。

 食事の時間になると、みんなで食前酒を飲んだ(甘くて濃かった。名前忘れたー。)そして、一人づつ、自己紹介となぜカミーノに来たかを話す。映画みたい!夜ご飯はとっても素敵なアメリカ出身の宿のオーナー?が作った素敵な料理たち。彼女の人柄みたいに暖かくて、みんなで話しながら食べる料理は美味しかった。親切で素敵な人たちばかりだった。次回もこの宿に泊まりたい。

f:id:yui_maerz12:20170920030426j:plain

人参と生姜のスープ。冷えた体に染みた。

f:id:yui_maerz12:20170920030429j:plain

全て美味しかった。この後チーズのデザートもあった。

 

カミーノ日記(Toulouse→Saint-Jean-Pied-Port)

7月24日

 まずは観光案内所へ行く。すごく分かりやすく親切な案内所だった。朝ごはんにクロワッサンを食べ、街をぷらぷらしてると、洋服を買いたい気持ちが出て来た。ドイツでは全く出てこないので、さすがフランス。

f:id:yui_maerz12:20170920013206j:plain

時々あった地図。可愛い。

 バスをメトロを乗り継いで、飛行機博物館aeroscopiaへ。メトロが休みの為バスなのもあって、時間かかる。目的の場所で降りたけど、迷う。大きな建物なので、見えるけど、行き方が分からない...やっと着いたけど、帰りの移動等考えるとゆっくり見る時間無かったので、また行きたいな。

f:id:yui_maerz12:20170920014215j:plain

 17時に郊外のターミナルBalma-Gramontでblablacarのドライバーさんと待ち合わせなので、早めの夕食を済まして、バスで向かう。初めての場所で、バスで、間違いが許されない状況はドキドキする。

f:id:yui_maerz12:20170920014642j:plain

Les 3 Brioches にて。注文してから焼いてくれて、チーズが濃くて美味しかった。

 無事にドライバーさんと会って、車に乗る。私の他に二人乗客がいたが、途中で降りて、最後はドライバーさんと二人になる。彼女は、Saint-Jean-Pied-Port出身、在住で旅行の帰り。バスク文化に興味があるので色々聞く。バスク語は単語をいくつか知ってるだけで話せないとのこと。窓の外は雨時々曇りだけど、なんだか素敵。バスク文字を見つけては興奮して、彼女に笑われた。

f:id:yui_maerz12:20170920015736j:plain

初めてのバスク文字は、トラクターの看板。

 21時頃に到着。彼女の家は宿のすぐ近くで、伝統的な赤い窓のお家で可愛かった。彼女と別れ、宿を探してうろうろ。話しかけたおじさんが、自分が泊まってる宿がオススメだからそこに来いと言うものの、Booking.comで予約済みだったので宿へ。日にちを一日間違えて予約していたみたいだけど、問題なく宿泊できた。新しくて綺麗な宿だった。
 夜のうちに巡礼事務所に行き、手続き。受付のおじいさんが超親切に道を説明してくれた。日本人は今日は私一人で、やっぱり韓国人がとても多いみたい。

 宿のベッドの下はドイツ人男性で、Rittersports(ドイツのチョコ)の話をしたけどなかなか伝わらず、発音練習をした。明日は雨なので彼は安全のため一日ずらすとのこと。私も当初の予定では次の日の朝出発しようと思ってたけど、彼の助言もあってずらす事にした。Saint-Jean-Pied-Portの街を見たいし、道で会ったおじさんオススメの宿も気になるので丁度いい。

 

カミーノ日記(Berlin→Toulouse)

7月23日

 10時45分発の飛行機に乗るためにSchönefeld空港へ向かう。街からそんなに離れてないけど、Berlin Tegel 空港に比べると遠くて、ちょっと焦る。雷雨を眺めながら電車に揺られること約1時間で空港に到着。ライアンエアーは、EU圏外のパスポートの場合は必ずビザチェックを受けないといけないと事前にネットで見たので、まずカウンターへ。

 ライアンエアーは凄い列...と思ったら、預け入れ荷物の列だった。今回は機内持ち込みだけなので、左端のビザカウンターへ行くと、あなたのパスポートだとビザチェックは必要ないとのこと。EU内だからか、変わったのかよく分からない。隣の建物で荷物検査等受けて乗り場へ。

f:id:yui_maerz12:20170920001520j:plain

飛行機に乗る直前で、雨の中地味に待たされる。

 

 乗ってみると、モニター無いのはいいけど席狭い!でも朝早かったので席に着くとすぐ熟睡。1時間後に起きて、今どこだろうって思ってたら、なぜかまだ飛んでなかった...11時40分に離陸。LCCだから勿論何も出ない。2時間位大丈夫と思ってたけど、喉乾いたのでカプチーノ(€3)を飲む。

f:id:yui_maerz12:20170920002527j:plain

 無事に2時間15分後にToulouse着。着陸すると、乗客から拍手が起こった。

 預け入れ荷物が無いのですぐに外に出れて、すごく楽!早速今日の宿泊先(Airb)へ向かう為、トラム乗り場へ。が、チケットが買えない...お札を入れる場所がなくて、コインかプリペイドカードのみ。€1.6のチケットを買いたくて€2コイン入れてるのに、返ってくる。近くの人に聞いても何故か分からない。釣り銭不足かもと思って、空港のカフェに戻ってチケットの金額ちょうどのお釣りになる様にパンを購入...失敗。上手く伝わらなくて、違うパン、違う金額のお釣りになった。英語で説明したけど、フランス人マダムにフランス語で冷たく返されて、私のフランスへの第一印象は最悪に...沈んだ気持ちで食べたけどパン(生ハムとバターのサンド)は美味しかった。

 気を取り直してチケット売り場で€2コインを入れたら、あっさり買えた。

f:id:yui_maerz12:20170920004303j:plain

AIRBUS社デザインのトラム超かっこいい。

 トラムを降りて、メトロに乗り換えようと思ったら、ドアが閉まってる。えーと思って、とりあえず叩いてみると、上から、「メトロは休みだよ〜」って声がした。上に上がって、教えてくれた男性に聞くと、メトロは1ヶ月休みとのこと。男性はToulouse在住で、友達が車で迎えに来てくれるので、一緒に乗せてもらうことに。無事にAirbの家まで送ってもらった。優しい人に会えて良かった。

 Airbの家主の男性もとても優しくて、部屋も素敵で、ホッと一息。一眠りした後街を散歩。

f:id:yui_maerz12:20170920005636j:plain

 Toulouseはフランスで5番目に大きな街なので、福岡出身としてはなんとなく親近感。大きすぎず小さすぎず、私のイメージするフランスの可愛い街並みで、散歩が楽しい。夜ご飯のことを考えながらレストランを覗いて歩くと、€20位のコースのメニューをよく見かけた。一人より誰かと食べたい気分だなあと思いながら街の写真を撮っていると、同じところで写真を撮り始める人がいた。見るからに旅人で、話が始まり、食事に行くことに。

f:id:yui_maerz12:20170920010520j:plain

八角形の鐘楼が珍しいサンセルナン教会

 イタリア人の彼と、ぷらぷら街歩きして、目についたレストランへ。私にとって初めてのイタリア人で、彼にとって初めての日本人なので、お互いの文化について色々話す。イタリア人はエスプレッソ大好きで(エスプレット以外はBlackwaterだって)、イタリア語でコーヒーはカッッフェと言うのを知った夜ご飯。

サンディアゴ巡礼の計画〜予算編〜

 ドイツワーホリ中にしたいことの一つ、カミーノ巡礼。

 カミーノ巡礼とは、エルサレム・ローマに並ぶキリスト教3大聖地のひとつサンティアゴ・デ・コンポステーラ(聖ヤコブの遺骸がある)を目指して歩く巡礼の道のことで、ポルトガルから歩いたり、フランスから歩いたり色んな道があります。

 とにかく旅に出たい病にかかっていた時のネットサーフィンでカミーノのことを知り、色んな人の旅行記を読んだり映画を見たりして益々行きたくなったものの、40日(私が行きたい道の場合)の休みは普通のOLには厳しい...いつか...と思っていたので、今行くことにしました☆

 いくらかかるのかざっくり計算...

■■■交通費■■■ €176

 ・航空券代 ベルリン→トゥルーズ €37.7       

       マドリッド→ベルリン€70

 ・電車代  トゥルーズ→バイヨンヌ€31

       バイヨンヌ→サンジャンピエドポー€7.2

 ・バス代  サンディエゴ・デ・コンポステーラ→マドリッド€30   

■■■宿泊費■■■  €340

 ・トゥルーズ、マドリッド €60

 ・アルベルゲ €7×40日=€280 全てアルペルゲ目標

■■■食費■■■ €1,230

 ・トゥルーズ、マドリッド €60

 ・朝食 €3×20日=€60  あまり朝食べないので20日計算

 ・昼食 €10×40日=€400

 ・夕食 €10×20日、€5×20日=€300    半分は自炊を目標

 ・カフェ、バル代 €10×40日=€400

 ・水 €10   基本は水道水

■■■雑費■■■ €170

 ・ホタテ貝、ホタテ貝モチーフの何か €50

 ・洗濯代 €0   全て手洗い目標

 ・ポストカード、切手etc €20

 ・美術館、教会など €100

計€1,916(約¥245,248)

思ったより高いけど、トゥルーズ観光とマドリッド観光も込みと思えば妥当かな。

お昼もできるだけシェアして、楽しく節約する‼︎

f:id:yui_maerz12:20170706034721j:plain