ふわっとベルリン

食べるの大好き人間のワーホリ手帖+カミーノ巡礼

カミーノ35日目(Negreira→Hospital 35km)

8月29日

 曇り時々雨の中、上がり道をひたすらに進む。人にも会わないので黙々と歩く。雨の中見つけた屋根がある場所に腰掛けて、おにぎりを食べる。高台にあって景色を見るための場所の様なので、晴れていたら素敵な景色に違いない。まあ、雨でも晴れでも、おにぎりは美味しいし(しかも海苔つき)、山の上だと更に美味しくて元気が出た。

f:id:yui_maerz12:20180413165356j:plain

 なんにも無い道をひたすらに歩いて15時をすぎた頃、突然おしゃれなカフェがあったので勿論入る。

f:id:yui_maerz12:20180413165252j:plain

落ち着くー

f:id:yui_maerz12:20180413165500j:plain

雨の日のコーヒーは一段と美味しい

 Lagoっていう小さな村の"CASA XALLEIRO"ってカフェでした。今日歩いてきた景色から信じられない、今どきなカフェでめちゃくちゃリラックス〜

 雨の道をまた歩き出す。一時間くらい歩いて雨宿り。隣で雨宿りしていた人がサンドイッチを食べ出して、お腹が空いてるのが伝わったのか、半分くれた。雨の中歩くのは体力いるし、昨日から米だったからサンドイッチ凄く美味しかった。

 ポルトガル人のおじいさんと一緒に歩く。ポルトという街出身の彼は日本人と働いてる様で、ありがとうとオブリガート(ポルトガル語のありがとう)の語源が一緒なこと(諸説あります)を話したりした。一旦別れたけど、彼が仲間とバーで一杯やってるところに通りかかると誘われたので、一杯ご馳走になる。

 そのままここに泊まるという彼らに別れを告げて歩き出す。ビールが回ってしまってほろ酔いで道を歩いていると男性二人が逆方向に歩いてきて、ちょっと嫌な予感。聞くと、この先の宿は埋まっているので、自分たちはちょっと道から外れたところに行くとのこと。私はとりあえず宿に行き泊まりたいと伝えると、やっぱりベッドはないけど、宿を探して電話で予約してくれた。その宿も最後の一名だったみたいで、ラッキー。ただ、その宿は4km先なのでちょっと辛い。

 18時も過ぎていよいよ誰も歩いていない霧の道を歩く。すぐ近くに風力発電があって、ポツンとしたところにある美味しそうなレストランを通った。

 宿に着いて受付を済ませると、ここは受付とレストランで、泊まるところは別にあるらしく、車で5分ほどのところに宿に送ってくれた。入れ替わりで、レストランへ行く人が乗ってきた。シャワー洗濯を済ませると、レストランへ歩いて行く気力も無く、キッチンはあるものの自炊はできないタイプだったので、持っているものを食べた。フルーツ、ツナマヨ、ナッツとココア。

 昨日から考えてたけど、目的地をムシア→フィニステーラから、ムシアは行かずにフィニステーラだけに変えた。東から西に歩いてきたからそのまままっすぐ行きたいし、十分歩いたなと思って。

f:id:yui_maerz12:20180413174214j:plain

明日は分かれ道

 今日は雨の中たくさん歩いたな。

 

O Castelino 12€ ★ レストランと宿が遠い Wifi無し 朝ごはん高い googlemapで★一つが多いので、夜ご飯も微妙そう 

カミーノ34日目(Santiago de Compostela →Negreira 19km)

 8月28日

 今日は20kmだけだし、名残惜しいし、ゆっくり目に出発。Yとジョセフが部屋に来たのでベンも一緒に記念撮影して、ベンとお別れ。道を歩いていると世界一周中の台湾人と再会したのでちょっと話す。日本人Dさんたちがサンティアゴに到着し、大聖堂に並んでいるそうなので会いに行く。Dさんと、日本人女性Sさんと再会してほっこり。彼らはフィニステーラに行くそうなのでまた会えるかな?

 大聖堂から、フィニステーラへ続く道へ行く。フィニステーラに行く私と日本人大学生T、ここサンティアゴで旅を終えて韓国へ帰るY、明日フィニステーラに向かうジョセフ。なのでYとジョセフとはここでお別れ。たった1ヶ月だけど、思い出がいっぱいで、離れるのが本当に辛い。前日に彼女から日本語で手紙を貰った時に大号泣したけど、やっぱりまた涙が出て来て止まらない。一緒にいると楽しくて、本当に尊敬できる大好きな人。私が泣きじゃくるので、ジョセフも心なしか、涙を浮かべているように見えた。Yがいなければジョセフとたくさん話すことも今一緒にいることもなかっただろうな。彼はとっつきやすいタイプではないけど、だんだん心が近づいていった気がする。優しくていい人。さようなら。 

 歩き出す。もう12時だからゆっくりはしてられない。

f:id:yui_maerz12:20180413042626j:plain

意味は分からないけどなんか可愛い

f:id:yui_maerz12:20180413043348j:plain

フィニステーラまで88km

 日本人大学生Tは先に行くそう。一ヶ月近く一緒にいて、何十回もまたねって言ってきたけど、もしかしたら会うのはこれで最後かもしれないねって記念に写真を撮ってお別れ。

f:id:yui_maerz12:20180413043941j:plain

ブエンカミーノ!

 いよいよ一人になって歩く。サンティアゴまでの道、特にサリア以降の道に比べると人が本当に少なくて、雰囲気も違う。なんとなく、愛媛県八幡浜から佐田岬へ(日本で一番長い半島)をドライブした道を思い出した。地の果てへの道繋がりかな。そういえば、フィニステーラに行って帰って来た人が、犬が野生的で恐いって言ってたけど本当かなあ。

f:id:yui_maerz12:20180413143408j:plain

私たちは歩き続ける

 一人で歩くからこそ目に入るものもあって、道端に一輪だけ咲く綺麗な花を見つけて、ちょっと観察。見れば見るほど作りが細かくて美しい。

f:id:yui_maerz12:20180413154216j:plain

名前は何だろう?

 間違った道を歩いていたみたいで、車の運転席からおじさんが叫んで教えてくれた。グラシアス。200mくらい戻って、正しい道を進む。

 イタリア人アンジェロに会った以外は知り合いに会わない。水を分けてくれた明るいおばさまと歩いたり、昨日まで彼氏と歩いていて今日から一人で歩くめちゃくちゃ可愛いドイツ人と歩いたりした。

f:id:yui_maerz12:20180413155059j:plain

川が流れる静かな村を通過

 雷がゴロゴロ。ドイツ人の彼女はめちゃくちゃに怖がって、走って行ってしまった。雷は怖くないけど、雨も降りそうだしもう18時だしで、着いた街の目についた宿に泊まることにした。良くも悪くもない宿だけど、宿泊の手続き中に、バケツをひっくり返したような雨が降って来たので、先まで行かなくて良かった。

 シャワー洗濯を済ませた後、街をぷらぷら。Negreiraという街で、割と大きく、美味しそうな店も沢山あったけど一緒に食べる相手もいないので、自炊しようとスーパーへ。かなり品揃えも良く、買い物楽しいなって思ってたのに、商品を見てみんなで食べた思い出が蘇ってきたのか、大号泣。一人で、自分でもびっくりするくらい泣いた。

 キッチンでお米を炊いて、ツナマヨおにぎりにして食べる。炊きすぎたので明日のお弁当に。パスタだとこうはいかないから、一人で食べるときはやっぱり米だな。食べていたら、日本好きな男性が話しかけてきたけど感傷に浸っていてたのであんまり覚えてない。彼が話しかけていた、妹が東京に住んでいるスペイン人の女の子はアフロヘアで可愛かったので今も覚えている。

 今日はかなり泣いた1日だった。10時ごろ就寝。

 

Albergue Alecrin 12€ ★★





 

 



カミーノ33日目(Santiago de Compostela 0km)

 8月27日

 昨晩は夜遅く寝て、今日は歩く予定はないけど、朝7時過ぎに宿を出る。何故かというと、毎日先着10名の巡礼者には、昼食券が貰えるから!巡礼事務所は8時に開くので、7時半を目指して小走りで街を歩く。一人で歩いてると、酔っ払いが運転する車に絡まれてちょっと怖い思いをした。スペイン人は7時まで飲んでたりするからな。

 巡礼事務所はちょっと分かりにくくて、ちょっと迷ってる間に後から宿を出たAと会い、一緒に事務所に向かう。先に着いてるのは一人だけで、ガッツポーズ!後から友人の韓国人カップルも来て、彼らも昼食券ゲット。

f:id:yui_maerz12:20180413004159j:plain

8時には10人以上の人が来てた

f:id:yui_maerz12:20180413004519j:plain

巡礼証明書と一緒に、昼食券貰う

 そろそろ着く予定の韓国人ナースY達をお迎えに大聖堂前へ。ローマから歩いて来たスペイン人ジョセフが、みんなと離れたところで、到着の喜びを噛み締めていて、それを見てじーんとした。彼は3千キロ近く歩いたんだもんなぁ。

 巡礼事務所に行くY達と別れてAと私はカフェへ。このカフェは雰囲気もケーキも店主も良かったからまた行きたい。(Airas Nunes Cafe)

f:id:yui_maerz12:20180413005553j:plain

手作りチーズケーキ美味しかった

 Aと朝食を食べていると日本人大学生Tも到着。巡礼証明書を手にいれた韓国人ナースY、ジョセフやリトアニア人の男の子と一緒になぜかブラジル人二人組も一緒に来てちょっと面白い。Yに会いにクールな日本人大学生R、ハビーとホセマも来て、お互いをねぎらい合う。彼らは今日最果ての地フィニステーラへ旅たつので、サンティアゴがゴールのYとはお別れのハグ。見てて寂しい〜

f:id:yui_maerz12:20180413010720j:plain

ジョセフの巡礼証明書の歩いた距離は、2,824km!

 私とAはパラドールでの昼食へ。

f:id:yui_maerz12:20180413011117j:plain

勿論、飲み放題のワイン付き

f:id:yui_maerz12:20180413011346j:plain

ひよこ豆と内臓の煮込み

f:id:yui_maerz12:20180413011457j:plain

確かラム肉。美味しかった〜

f:id:yui_maerz12:20180413011623j:plain

ケーキも美味しかった

 初めて会う人と、巡礼手帳を見せ合って自分たちの旅を振り返る。

f:id:yui_maerz12:20180413011758j:plain

こんな可愛いスタンプあったの知らなかった〜

 今日の宿は大聖堂のすぐ近くのAirB&Bをとったのでとっても楽。キッチンもあるしジョセフもいるし自炊したくてスーパーを求めて歩くけど、残念ながら日曜日なので大きなスーパーが開いてなくて断念。アジアンスーパーで韓国のお酒を買って部屋で飲むことにする。最初の方に一緒だった韓国人の女の子とも再会できて嬉しかった〜

 夕方はミサに。並んでいる時に、最初の日からずっと一緒だった中国人+フィンランド人グループと再会。中に入って座ってミサを待っている時、さすがに泣いてしまった。この回はボフタメイロがなくて残念だったけど。 
 今日の宿の話。AirB&Bは、Yとジョセフも泊まると思って5人用をとったけど、彼らは泊まりたいところがあるとのことで、2人分ベッドが余ってしまった。誰か宿を探してる人を探しながら歩いてるとドイツ人ベンがいて、聞くと、ぜひ泊まりたいとのこと。彼は信用できるし、彼も昨日はとても遠いところに泊まったから、大聖堂近くの部屋でとても喜んでくれた。もう一人いないかな〜もうさすがにいないよな〜と思いながら、大聖堂の前でぷらぷらしていると、ふと、日本人っぽい男性と一瞬目が合う。話すとやっぱり日本人で、今夜の宿がないとのことで私たちの部屋に来ることに。結構遅い時間だったから、お互いにとって奇跡!

 彼は世界一周旅行中にカミーノを歩いたそう。サンティアゴに着いた後、予定してなかったフィニステーラに行きたくなり、荷物を置いて、フィニステーラまで80kmの道を途中宿泊せずに、走って行って帰って来た(帰りはバス)という凄い人。しかも夜の道でライトが切れて、時計のライトと頼りに進んだとか、エピソードがとても楽しくて話すのが楽しかった〜写真と野球が趣味の彼の荷物はかなり重く、その荷物でカミーノを歩いたのも凄い。

 部屋でまったりしながら、笑い転げた。今日も楽しい1日でした。

 

AirB&B  116€(5名用) ★★ 立地重視で選んだのでとても便利だった 洗濯機があるかを見落としていた為なくて残念 

 

Yたちが泊まった、修道院ドネーションで、みんなでご飯。ミサで↓が貰える。次回は泊まりたい。確か8月まで。

f:id:yui_maerz12:20180413015315j:plain



 



 

 



 

 

カミーノ32日目(O Pedrouzo→ Santiago de Compostela 19km)

8月26日

 今日はいよいよサンティアゴへ到着する。振り返ると、本当にあっという間だったなあ。ユーカリと松の森の中を、世界一周ガールA、スペイン人ハビーとホセマと歩く。ホセマが私に色々話しかけてくれるけど、彼はスペイン語しか話せなくて、私はスペイン語はちょっとしか分からないので、すんなりとは理解できない。でも、去年のカミーノもここを同じ時間に通ったんだよって言ってると分かった。彼とは言葉の壁はあるけど、不思議と意思の疎通がとれる。彼は本当にチャーミングで、彼と一緒にいるのは楽しい。

 Aと小川が流れる森の中を歩く。ふと、同じペースで歩く初老の男性と話をする。日本人だというと、彼は声楽をしていて、サントリーホールで歌ったことがあるとのこと。更に、息子夫妻と孫は11年間日本に住んでたみたい。しかも福岡に!私の故郷だよっていうと彼も驚いて、携帯を取り出し、電話に出た孫と話すよう私に言う。彼の孫がめちゃくちゃ日本語が上手で、お互いの住んでた場所について話したりした。今日は新たに話したのは多分彼だけなのに、その彼が福岡に所縁があるなんて、すごい確率。マドリッド在住の彼、パコと連絡先を交換してお別れ。

 休憩したカフェで、昨日知り合った二人目のハビーと会った。調子どう?って聞くと、足がボロボロだよ...とのこと。彼が歩き始めたのは確かサリアだったはず。意外と貧弱なのかな?ってAと話す。

 "歓喜の丘"モンテ・ド・ゴソに到着。ここを過ぎるともうサンティアゴなので、写真を撮った後なんとなく腰をおろしてまったり。

f:id:yui_maerz12:20180203072149j:plain

 ジュリがRead All About it を弾き語りしてくれて、みんなで聴き入る。みんな先を急ぎたくなくて、1時間くらいはそうしてた気がする。 


Emeli Sandé - Read all about it Lyrics

  歓喜の丘を過ぎるとアスファルトの道で、もうサンティアゴはすぐそこ。ハビーとホセマ、イタリア人のアンジェロとAと5人で歩く。到着は、一緒に歩いてきたメンバーと一緒にしたい気持ちを全員がなんとなく持っていて、同じペースで歩く。

 町の入り口に、昨日ハビーに電話で予約してもらった、今夜私たちが泊まる街があった。う〜ん聖堂までかなり遠そうだけど仕方ない。天気は雨が止んだり降ったりで、雨具を何度も出したり閉まったりして、なんだかそれもまたいい思い出。

 いよいよ街の中心に入ってきて、巡礼者だらけで騒がしい。5分ほど進むと、サンティアゴの大聖堂前に到着!!!先に着いた友人がたくさん座っていて、それぞれとハグをした。一足先に着いていた日本人大学生Tとも合流。広場にいると次々知った顔と再会して、到着の喜びを分かち合う。一人で来た旅行なのに、こんなに到着の感動を分かち合える人がいるなんて本当に素敵な経験ができた。

 ちなみに、大聖堂自体は工事中ということもあり、涙が出るほどの感動では無かった。

f:id:yui_maerz12:20180412235835j:plain

確か、2020年完成予定

 一旦、遠い遠いアルベルゲに戻り(途中で空いてる宿が無いか聞きながら...どこも満室)、休憩、夜遊びの準備をして、街へ戻ってくる。なんとなく目に付いたレストランで、日本人3人で乾杯。クールな日本人大学生Rも合流して、日本人だけ4人でご飯なんて珍しい。

f:id:yui_maerz12:20180413000638j:plain

外食で一番美味しかったパエリア

 そしていよいよ、ペレグリーノたちと合流して、祝杯をあげる!歌って踊って、楽しい夜。ホセマが、黄色の矢印(サンティアゴの方向を示す印)のトレーナーを着ていて、みんなの進行方向に立ってたりして、彼はやっぱりチャーミングで笑った。

 夜中に、遠い遠いアルベルゲに、同じ宿のTとAと、同じく遠い場所に宿泊のドイツ人のベンやイタリア人のアンドレアと4km近い道を歩いて帰ったのも、本当にいい思い出。

ムニンシパル ★ とにかく街から遠い 

ベルリンの国立博物館の年間パスで行ける博物館、美術館③〜旧国立美術館〜

 先日、博物館島にある旧国立美術館(Alte nationalgararie)に行ってきました。

f:id:yui_maerz12:20180403160124j:plain

1876年開館

 1階〜3階まで絵画が展示してある様で、見るのには結構時間がかかりそう。

 

1階〜彫刻、現代派〜

 1階は彫刻と、現代派の絵画で、内装は素敵だけど、絵画は私には退屈に感じたのでさらっと見学。

f:id:yui_maerz12:20180403160829j:plain

f:id:yui_maerz12:20180403161243j:plain

f:id:yui_maerz12:20180403161354j:plain

2階へ上がる階段。

2階〜フランス印象派、レアリズム〜

 2階に上がると、フランス印象派を中心として、日本人好みの明るい絵画がたくさんあって見応えがありました!

f:id:yui_maerz12:20180403161815j:plain

In the Conservatory(温室にて) by Edouard Manet

f:id:yui_maerz12:20180403162037j:plain

View of Vetheuil-sur-Seine(ヴェトゥイユの眺め) by Claude Monet

f:id:yui_maerz12:20180403162555j:plain

Children's Afternoon at Wargemont(Wargemontでの子供達の午後) by Auguste Renoir

f:id:yui_maerz12:20180403162959j:plain

Eurydice(エウリュディケ) by Maurice Denis

 エウリュディケは、英和辞書によると

ギリシア神話のオルペウスの妻で、毒蛇に噛まれて死んだ後、夫の竪琴の名演奏で黄泉の国からこの世に戻ることを許されたが、あと一歩のところで夫が禁を破って妻の方を振り返ってしまったため戻れなかった”

とのこと。絵は、どの場面なんだろう?蛇がいるからこの世かな?ストーリーが分かると見るのが楽しい。

f:id:yui_maerz12:20180403164052j:plain

Belvedere Palace near Weimar(ワイマール近くの宮殿) by Curt Hermano

f:id:yui_maerz12:20180403164257j:plain

The Isle of the Dead(死の島) by Arnold Böcklin

 なんとなく目が離せなくなった絵、死の島。帰宅して調べると、スイス人画家Arnold Böcklin の代表作であり、19世紀のドイツで非常に人気で、ポストカードになったり複製画が家庭に飾られたりしていたそう。ヒトラーも彼の絵の収集家であり、この絵は実際にヒトラーが所持し、執務室の壁にかけていたとか。ロシアの作曲家ラフマニノフもこの絵を気に入り、交響曲を作曲したとのこと。この絵は5作ある”死の島”の3作目で、モデルになった場所は諸説あり。

3階〜ドイツ絵画〜

 3階に上がるとまず宗教画が並ぶ部屋があります。やっぱり宗教が分かった方が絵画が楽しめるな〜。何の場面か全然分からない...。とりあえず絵を一つ選んで、帰宅後調べる。

f:id:yui_maerz12:20180404050921j:plain

f:id:yui_maerz12:20180404051636j:plain

Sale of Joseph(ヨセフの売り渡し) by Friedrich Overbeck

 Wikipediaによると、”ヨセフは父ヤコブと母ラケルとの間に長男(ラケルは後妻のため、実際にはヤコブの11男)として生まれた。ヤコブはヨセフが年寄り子であるため、誰よりも彼を愛し、きらびやかな服をヨセフに送ったりした。そのため10人の異母兄たちはヨセフを憎むようになった。ある日ヨセフは夢を見、それを語ったので、兄弟たちのねたみを買い、穴に落とされ、やがて彼らによってミヤデン人の隊商に売られてしまう。その直後、ヨセフの服に羊の血を付け、父ヤコブにヨセフは獣に襲われて死んだと偽った”

とのこと。この絵はヨセフが兄達に売られる場面だったみたい。

 その他には、ドイツ出身の画家の絵がたくさんあり、ベルリンの風景を描いた絵もちらほらあって面白い。派手じゃ無いけど、綺麗な空の絵が多かった。

f:id:yui_maerz12:20180404053141j:plain

Tower Ruins with Dragon(ドラゴンと塔の遺跡) by Carl Blechen

f:id:yui_maerz12:20180404053511j:plain

 建物自体が美しく、作品数が多いのでしっかり見ると3〜4時間かかる美術館。でも、椅子が沢山あって休憩しながら見れるのがいい。

ベルリンの国立博物館の年間パスで行ける博物館、美術館②〜ハンブルグ駅現代美術館〜

 今回の美術館は、HamburgerBahnhof-Museum für Gegenwart-Berlin 。ドイツらしく長い名前!ベルリンにあるのに何故ハンブルグ駅(Bahnhof=鉄道駅)なのかというと、昔ベルリンとハンブルグを繋いでいた駅の駅舎をそのまま美術館にしたものだからみたいです。旧駅舎らしく天井が高く広々としたスペースで現代美術を楽しめます。

f:id:yui_maerz12:20180322185533j:plain

f:id:yui_maerz12:20180322185706j:plain

受付。天井は駅だった頃そのまま。

 受付を中心に建物が右と左に分かれていていて、まず左側(ミュージアムショップの方)に行きました。こちらには広い空間を使った実験的な現代美術や、色んなテイストの像がありました。

f:id:yui_maerz12:20180322201525j:plain

何だったのかよく分からなかった〜

f:id:yui_maerz12:20180322185843j:plain

ベルリンで最も有名な美術品ネフェルティティのオマージュ

f:id:yui_maerz12:20180322190537j:plain

ベルギーの国民的漫画の主人公タンタンと埴輪

f:id:yui_maerz12:20180322190734j:plain

タンタンと埴輪が描かれた漫画の一コマ

f:id:yui_maerz12:20180322191222j:plain

フランス出身でメキシコで活動するTheoMercierの作品

 受付に戻って右側(クローク)に行くと、絵画中心の展示スペースがありました。

f:id:yui_maerz12:20180322202757j:plain

見たことある!

f:id:yui_maerz12:20180322203103j:plain

どーん!アンディウォーホルのマオ

 美術館の中と思えない位大きくて、テンション上がりました。この他にもいくつかアンディウォーホルの作品があって、有名なマリリンモンローやバナナ、スープ缶位しか知らなかったけど、彼が天才ということは私にも分かりました!

f:id:yui_maerz12:20180322203708j:plain

Advertisement by Andy Warhol

f:id:yui_maerz12:20180322204029j:plain

Sky Garden by Robert Rauschenberg

 日本人アニメーション作家田名網敬一さんのアニメーションも上映してました。面白かったけど親と見たら気まずい感じ。


Keiichi Tanaami | Good-bye Elvis and USA (1971)

 この美術館のミュージアムショップは、ポストカードと本の品揃えがとても良かったのでおすすめ。

f:id:yui_maerz12:20180322210126j:plain

 中心のスペースが準備中だったからまた行きたいな。ベルリン中央駅から徒歩3分くらいで便利なので観光でベルリンに来た時にもおすすめ。

シルクの寝袋に裸で寝てたら膝がツルツルになった話

 最近膝を組んで座っていて感じた違和感。膝がツルツルだし全体的にしっとりしていい感じ(自分比)。考えられる原因は、最近裸+シルクの寝袋で寝始めたこと!?

 

シルクは第二の皮膚?

 シルクが肌にいいのは知ってるし分かるけど、値段が高いのもあって、シルク製品を意識して買ったことはありませんでした。ちょっと前に渡辺直美さんが使ってることで話題になったシルク製ナイトキャップは被った自分を想像すると手が伸びませんでした。(今また欲しくなってます。意外と明るい色がいいかも。) 

 改めて調べてみるとシルクの効果って、

 ・シミ、ニキビが消える

 ・髪が黒くなる

 ・痛みが取れる

 ・消臭、抗菌効果

 ・温湿度調整(夏は涼しく冬暖かい)

など、いいことづくし。詳しくはこちら

裸で寝るメリット

 たまに耳にする、”裸で寝るのは体にいい”情報。でも、物心ついたときからパジャマを着て寝てきたし、家族の目もあってなかなか実行できませんでした。自立してからも、シーツの洗濯を考えると面倒くさくてパジャマで寝てました。

 こちらによると、裸で寝ることは、

 ・温度を適度に下げて、睡眠の質アップ

 ・ストレスを減らす

 ・体脂肪を減らす?

など、健康と美容にとてもいいみたいです。叶姉妹を始め、芸能人は裸で睡眠、生活してる人が多いそうです。

裸で寝るデメリット

 デメリットについての記事もあったのですが、

 ・寝汗がついて不快→シルクは放湿に優れている

 ・寝汗が蒸発する際に寝冷え→シルクは温度調整に優れているので汗かきにくい

 ・不衛生→寝袋なのでこまめに洗える

と、シルクの寝袋で寝ると割と解決します。

シルクの寝袋に裸で寝始めた理由

 引っ越しをして、ベルリンらしいお洒落な家に住み始めたんですが、ベッドが布団+シーツではなくマットレス+お洒落なラグで、そのままでは寝づらいからなんとなくです。

おすすめのシルク製寝袋

 私は巡礼の旅用にベルリンで買った寝袋というか、トラベルシーツを持っていたのでそれを使ってます。120gと軽量でいい緑色でとても気に入ってるんですが、残念ながら日本では買えなさそうです。

FRILUFTS Silk Mummy Liner bei Globetrotter Ausrüstung

 シルクのトラベルシーツといえば、世界一周旅行者の定番コクーン。でも、使ってる人に会ったとき、袋になかなか入らなくてたたむの手伝った印象が強いです。モデルにもよると思いますが。 

コクーン ST40 Tシーツ シルク M.エレファント 12550001205000
 

 なんとなく始めた睡眠法ですが、肌の調子はいいし、髪もいつもより指通りがいいし、寝てるときの開放感も気持ちいい。おまけに、しまってたトラベルシーツも活用できて大満足。

 でも、湿度が無く屋内が暖かいドイツの冬で試した私の感想です。屋内(廊下とか)が寒い日本の冬、高温多湿の日本の夏にどうかは分かりません。