ふわっとベルリン

食べるの大好き人間のワーホリ手帖+カミーノ巡礼

カミーノ23日目(Astorga→Foncebadon 26.3km)

8月17日

 7時前に出発。いつも会うたびにぜぃぜぃいってるフランス人おばさまアンナと会う。彼女は今日山に登って、降りたらフランスに帰るそうで、もう会えないかもしれないので写真を撮った。いつも荷物は次の町まで運ぶサービスを利用してるけど、今日と明日は荷物を持って歩くそうで、しかも山登りだから、心配...

  いつものメンバーで出発。アストルガの町を出る頃、久しぶりにアメリカ人サラに会う!スペイン人男性と一緒。サラはチャーミングで寂しがり屋なので、カミーノ中いつもいい感じの男性ができて、一緒に行動しているので、面白い。

f:id:yui_maerz12:20180112010827j:plain

モザイクが可愛い教会。

 しばらく歩くとまた教会があって、珍しく日本語表記もあった。

f:id:yui_maerz12:20180112014501j:plain

9ヶ国語。

 RPGに出てきそうなバルで朝食。

 11時ごろバルで休憩。隣の席になった、オーストラリア人の親子と話す。息子さんは、多分65歳くらいで、トレジャーハンターみたいな服装で、とにかく豪快に笑う。別に面白くなくても、彼が笑うとみんな釣られて笑っちゃうって感じの人。お母さんは、多分80くらいで、髪は綺麗に白髪で、めちゃくちゃチャーミング!白髪のボブで、耳のあたりを三つ編みにしてて、Yが可愛いねって言ったらYも私も、ついでに韓国人パパも同じ髪型にしてくれてくれた。とにかくよく笑う親子で、楽しい時間だった。あんな風に歳をとりたい。

 13時休憩したバルに、馬が繋がれていた。隣の席の地元風な男性と話すと、家から彼が乗って来た馬だそうだ。いいなあ。ついつい話も弾むけど、いつものメンバーはとっくに先に出発したし、山の上で宿無しは笑えない。Yに先行くねと言うと一緒に行く!とのことなので一緒に出発。

 今日も太陽はカンカン照りで、遮る木もあまりない道を登る。かなりきつい。アンナが心配になる。

 15時前に山頂の村に到着。ここフォンセバドンは、廃村だったのを、巡礼者が増えてきたので整備した村で、確かにアルベルゲくらいしか無い。ドネーション(寄付)の宿は定員18名なので最初から諦めて、いつものメンバーが行くと言っていた宿へ行くと、満室。通りにある宿も満室。ちょっと焦りながら、三件目で宿を確保して一安心。韓国人シスターズの姉が、評判がいまいちって言ってた宿だけどまあいいや。

 宿に入ってみると、チベットの山とかにあるお経が書いてある旗があったり、ヨガの時間があったり、ヒッピーな感じで結構好きかも。部屋に行くと、日本人女性Y子さんと会った。ベッドバグに詳しくて、この部屋は要注意とのことなのでしっかり虫スプレーをかけた。

f:id:yui_maerz12:20180112024413j:plain

朝食付き嬉しい。

 シャワー洗濯を終えて、宿の一階でお昼ご飯。どこに座ろうかなって考えてたらテルマエロマエに出て来そうな濃い顔の男性が、ここ!って言ってくれたので、隣に座る。Yとベジタリアンパスタをシェア。美味しい!宿に着いた時に、いつものメンバーがここにお昼ご飯を食べに来てて、豆料理を美味しいって言ってたけど、パスタも美味しい。夜ご飯もここで食べよう。

 テルマエロマエみたいな彼はスペイン人の、ホセマ。Yは昨日一緒に歩いたみたいで顔見知り。Yが、彼の恋人が後から来るよと私の耳元で囁く。しばらくして来たのは同じくスペイン人男性のハビーで、二人は幼馴染で去年も一緒にカミーノに来たそう。さっきの聞き間違いかなって思ってたら、Yが、多分カップルだと思うってまた耳元で言う。それはどうか分からないけど、とにかく二人とも超お洒落で超優しい。

 ご飯を食べてると、カップルが歩いてきて、宿はどう?って尋ねてきた。彼らの宿は夕食込み20€で、シャワーは故障中で、部屋は地下で窓が無く湿っぽいとのこと...ここは夕食朝食込みで17€でシャワーはお湯出るし、窓あるし、ヨガもあるよ!と伝えると返金してもらってここに来る!って言って本当に移ってきた。

 17時からは離れみたいな小屋でヨガ(無料・希望者のみ)。英語だったのできっちり出来たかというと微妙だけど、気持ちよかった。ヨガの途中で、オーストラリア人親子が入って来て(彼らの今日の宿はこの小屋)、そのままヨガに参加して笑った。17時にここに着くなんて、勇気あるな!

 7時からご飯。私とY、アメリカ人サラ、陽気なイタリア人アンジェロ、スペイン人ホセマとハビー、初めましてのベラルーシ人男性で食卓を囲む。白いチャイナシャツを着たジョンレノンそっくりの人が配膳してくれた。メニューは、サラダ、生ハム、フムス(ひよこ豆のペースト)、チーズに巨大パエリア。全部美味しかった。大好きなフムスが出て嬉しくて食べてると、サラもフムスが好きみたいで(手作りするらしい)、フムス美味しいよねって盛り上がった。赤ワイン飲み放題でみんな良く飲んで美味しく食事した。

f:id:yui_maerz12:20180113172249j:plain

 食事の後は、外で夕暮れを見ながらおしゃべり。スペイン人ジュリがアンジェロのウクレレを弾きながら歌う。彼女の歌うRead all about itはきっとずっと忘れない。それから、イタリア人の歌うチャオチャオチャオ!って曲も楽しかったな〜あと、サラと一緒に歩いてるスペイン人男性がカントリーロードを弾いてくれて、Yと一緒に歌ったり。とにかく楽しい夜で、すっごく酔っ払って記憶が曖昧。部屋に戻るとき視界がぐるぐる回って、空中にたーくさん星があって、こんなの見たことないって思ったのは覚えてる。

 

Albergue Monte Irago   8€ ★★★ 夕食9€美味しい ベッド早いもの勝ち ベッドバグ出るかも? ヨガあり