ふわっとベルリン

食べるの大好き人間のワーホリ手帖+カミーノ巡礼

超めんどくさがりの私が布ナプキンを10年続けてる理由5つ。

 ベルリンに来てからPMSが酷くなった私。色んな人に相談して分かったのは、みんなそれぞれにあるんだな〜ってこと。妊娠したり子供を産んでから症状が変化したりもするみたいで、女性にとっては大きな問題だなって改めて感じました。

yui-maerz12.hatenablog.com

 最近会った人とその話の延長で布ナプキンの話になって、私のことを話すと驚かれて、意外と知らない人もいるのかな〜って思ったので私の場合の布ナプキンのメリットについてまとめました。

 

 

1 経済的

 私の場合布ナプキン2枚(合わせて2千円位)を最初に買って、それから買い足し、買い替え無しです。メインは布ナプキンを使って、後半は紙ナプキンを使う感じで、紙ナプキンを買うのは年に一回くらい。マイナビ によると女性は平均で月750円生理用品に使ってるみたいなので、10年で比べると、

 紙ナプの場合 750円×12ヶ月×10年=90,000

 布ナプの場合 2千円+(紙ナプキン代300円+洗剤100円)×10年=6,000

なので人生単位で考えると違いますね。布ナプキンのセットとかいっぱい売ってるけど結構高いので最初に↓の2タイプを買って、足りない分を買い足したらいいんじゃないかなって思います。

↓小さく折りたためて、ずれなくてオススメ。 

↓慣れたらこっちが断然使いやすいです。 

白うさぎの布ナプキン M(三つ折り)

白うさぎの布ナプキン M(三つ折り)

 

 

2 収納がすっきり+買い物が減らせる

 紙ナプキンって可愛くないですよね。毎月使うものだからきらす訳にいかないから意外と場所もとるし。部屋にものがたくさんあるのが苦手なので、布ナプキンにしてからは生理用品が大きなポーチ一つに全てまとめられてすっごく気持ち良いです。ミニマリストには絶対おすすすめです。

 ナプキン無い!って買いに走ることも、レジが男性でちょっと気まずいってこともとっても少なくなります。

 

3 ゴミが出ない

 使用済みの紙ナプキンが出ないって、一度味わうと本当にいいです。三角コーナーもいらないです。

 

4 気持ちいい

 紙ナプキンの時はこんなもんだと思ってたんですが、一度布ナプキンを使い始めると、旅行などでたまに紙ナプキンを使うと、凄く冷えてる感じがして不快です。布はあったかい。

 

5 経血コントロールができるようになる

 これが最大の理由です!自然と、トイレの時に経血を出せるようになるので、布ナプキンを換えるほど汚れないし、洗うのもそんなに大変じゃないです。トイレで出せるようになると生理が全然苦じゃなくなりますよ〜。夜寝てる間も自然にできてるのか?寝てる間は出てないので、漏れる心配が無くなりました。毎月、自分の体を褒めたくなります!将来的にも、骨盤底筋を鍛えておくことは大事なんじゃないかと思います。

city.living.jp

 

 デメリットでよく言われてるのは、洗濯ですよね。アルカリウォッシュにしばらく漬けて手洗い→洗濯機で、最初はめんどくさいですが、メリットを考えると紙に戻る気持ちにならないですね。蓋つきのちょうどいい容器を見つけたら、誰かと住んでても可能だと思います。

↓漬けおき用洗剤はこれがおすすめです。

アルカリウォッシュ 1kg

アルカリウォッシュ 1kg

 

釣り、バケツ等で検索すると色々出てきます。 

 

 友人と布ナプキンについて話すと、私は無理って言う人も多いです。確かに量が多い人が続けるのは嫌になるかもしれないし、好きにトイレに行けない環境(営業職など)だと難しいかもしれないです。でも、上のハンカチ型ナプキン1枚買って、洗剤は百均のセスキ炭酸ソーダでも買って、同じく百均で蓋つきの容器見つけたら初期費用千円でできるので、とりあえずしてみてみて、良かったら嬉しいなって思います。合わなかったら辞めたらいいし。

 ちなみに、エコ大国ドイツのベルリンでは、今のとこ布ナプキンを見たことないです。日本と品揃えがちょっと違うので、それはまた別に書きます。