ふわっとベルリン

食べるの大好き人間のワーホリ手帖+カミーノ巡礼

カミーノ29日目(Sarria→Portomarin 21.6km)

8月23日

 昨日ポルトマリンに着いた人の情報では、12時半にアルベルゲがFullになったみたいなので、早めに着きたい。キッチンで朝ごはんにおにぎりを食べて、人参(昨日の余り)を持って、6時10分に出発。

f:id:yui_maerz12:20180127204739j:plain

朝ごはん×7。おにぎりと人参とマヨネーズ。

 ちょっと迷って、長い階段を登って、アルベルゲ通りの坂を登って、森へ。誰もいなくて、暗くて、肝試しみたいな感じ。小川があって、暗闇の中で橋を渡ったりするのでヒヤヒヤ。後ろから団体が来て、世界一周ガールAも来たので一緒に歩く。日も登ってきて気持ちよく歩いてると、巡礼者じゃない女性2人に話しかけられた。最初は署名かと思ったけど、名前を書いたらお金を払わないといけなくて、その額も決まっててやだなって思ったので名前も書かずに通り過ぎる。

f:id:yui_maerz12:20180130051231j:plain

かぼちゃ?

 サリアからは本当に人、特に団体が多い。100kmなら3、4日で歩けるから丁度いいんだろうな。サンティアゴまで100kmの場所では写真の順番待ちで、団体と一緒になってしまったので、写り込んで、後から団体写真を送ってもらった。

f:id:yui_maerz12:20180127205821j:plain

100km!

 

f:id:yui_maerz12:20180127210640j:plain

 食べ物が見えたから立ち寄る。ドネーションだけど品揃え良くて雰囲気も良くてハッピーな気持ちになる。

f:id:yui_maerz12:20180128010804j:plain

ジュースにヨーグルト、果物にビスケット、チーズ、冷えたミネラルウォーター!

 最初のカフェで休憩。昨日道で夕食に誘ったスペイン人女性や、姉妹+姉の彼氏の3人で来てるイタリア人のモニカたち、ブラジル人アミーゴと再会。サリアから急に人が増えたから、前から歩いてる人に会うと嬉しくて、突然絆が深まって、ハグ(多分サリアあるある)。

f:id:yui_maerz12:20180128184151j:plain

お土産物屋さんも増えた。

f:id:yui_maerz12:20180128184400j:plain

見晴らしのいいカフェ。

 ポルトマリンまでもうすぐのところで道が二手に分かれる。歩きやすい右と、歩きにくい左。楽しそうな左の道へ。

f:id:yui_maerz12:20180128184829j:plain

何度もこけそうになったけど楽しかった。

 ポルトマリンは、ダム建設の為に町を沈めて、高台に作った新しい町。水量によっては水の中に古い町が見えるみたい。こういうの好きなのは多分ラピュタのせい。

f:id:yui_maerz12:20180128190134j:plain

ポルトマリンへ繋がる橋。

f:id:yui_maerz12:20180128190310j:plain

橋を渡ると長い階段。その階段を登ったところからの景色。

 13時ごろ町の奥の方にあるムニンシパルに到着。凄く並んでるけど入れそう。並びながら、日本人大学生Tの人参をAと3人で食べる。昨晩余った人参切りながら、食べるかな...?って思ったしTも思ったらしいけど、3人で人参ってめっちゃ美味しいねって言いながら食べた。スペインの人参が美味しいのか、歩いた後は何でも美味しいのかは謎のまま。

 シャワー洗濯を済ませて昼食へ。バルでハビーとホセマに会う。彼らは、ここから40km先のメリダというプルポ(蛸)が美味しい町に明日滞在したいから、今日はもうちょっと歩くそうだ。メリダって町は知らないけどちょっと気になる。

f:id:yui_maerz12:20180130035748j:plain

安定の美味しさ。

 みんなでDiaに買い物に行って、シエスタ(昼寝)。その後は一人で町をぷらぷら。町の入り口にあって、見晴らしのいい泉に足をつけて休憩。物語があって独特の景観だし、大きすぎないけどスーパー、バルは程々にあるいい町だなって思う。

 町の中心の教会前の広場で...サラに再会!!!やっぱり彼女とは会える〜♫ハグしてちょっと話して写真撮ってお別れ。また会えるはず。

f:id:yui_maerz12:20180130054139j:plain

 

 日本人大学生T、世界一周ガールA、お料理大好き可愛い韓国人Cとバルへ。ペレグリーノメニューだったけど結構美味しかった。

f:id:yui_maerz12:20180130050804j:plain

皮付きの鶏肉♫ポテトもいつもとちょっと違って美味しい。

 部屋に戻って、入り口でおじさんがリコーダーを吹いてる音色を聴きながら寝る準備。サリアから若者が増えたせいか、宿全体が騒々しくて、修学旅行みたい。今日は8人部屋。昼過ぎに部屋に着いたとき、下のベッドを使っていたAにスタッフが、足が痛い男性にそのベッドを譲る様に言ってきた。足の痛いおじさんも気まずそうで、あら...って雰囲気が部屋に流れる中、若いカップルの男性が、僕と彼女は上のベッドで寝るから君は下使っていいよ!って言ってきて、みんなで爆笑するって場面があった。

 Aも断ったし冗談かと思ってたら、本当に二人で同じベッドに寝てるし、めちゃくちゃうるさい!気が狂った様に笑ってて、こっちもつられて笑うっていう時間が15分くらい続いた。会話聞きたかったなあ(スペイン語かイタリア語)。

 

ムニンシパル ★ 6€ キッチンあるけど鍋ないので料理できない シャワーは仕切りだけで、ドアない とにかく蝿が多かった(宿のせいじゃないかも) ガリシア州からは、キッチンに調理器具置いてないアルベルゲが多いらしい(ジョセフ情報)